Concept

コンセプト

主体性を育てる、あえて「教え惜しむ」指導

受験合格だけを目的とした手っ取り早いテクニックを教える授業では、ミスを恐れるマニュアル人間や指示待ち人間の予備軍を生み出すことにつながるのではないでしょうか。先回りして答えを教えずあえて教え惜しみ、生徒様の自主性や主体性を育てます。受験の波にただ飲み込まれるのではく、受験を通して生徒様が泳ぎ方を学び人生の荒波にも負けない力が身につくように伴走します。

「教え惜しむ指導」で学力をヒキダス

「いまの学生のなかには、実験の過程で教科書と違う結果が出てくると、「実験のやり方を間違えた」と言って、その結果を改ざんして持って来る者がいる。昔、我々の時代には違う結果が出てこようものなら、「やった!新しい結果が出てきたぞ」と、それが新発見につながるかもしれないというんで、たちまち舞い上がったものですが…」



―元東北大学総長

ここには、「新しいものを見つけ出そう。」、「謎解きを楽しもう。」という学び本来の姿勢は皆無です。
あらかじめ用意された答えに効率よく到達するテクニックとパターンだけを指導された「受験エリート」たちの、なれの果てです。

では、どうすればよいのでしょうか。一言でいうと、「教えすぎ」をやめることです。辛抱することです。「教え惜しむ」べきなのです。

特に進学塾と名のつく教育機関では、良かれと思ってではありましょうが、総じて「教えすぎ」ております。手っ取り早く答えにたどりつく見事な解法を、手取り足取りさっさと教えてしまっています。考える機会を奪っているのです。なぜ、そうなってしまうのでしょうか。

合格という結果を求められるというプレッシャー、適性や成長曲線にかかわらず、6年生の2月1日までに「合格力」をつけなければならないというプレッシャー、模試の成績による一喜一憂、校舎間の競争、そして、思春期にさしかかると起きる想定外の心の変化…理由はいくつでも挙げられます。

しかし、これらは言い訳にはなりません。自戒も込めて厳しく言うなら、すべては、お子様のためではなく、指導者が自分のためにやっていることです。

こんな環境で勉強をした場合、自律している一部のお子様を除いて、多くのお子様は主体性を失いかねません。ミスを恐れるようになり、「マニュアル人間」、「指示待ち人間」の予備軍が多数生まれるようになります。

お子様の合格は、お子様の手柄です。そして、それを一番近くで見守られたご家庭のものです。塾の「先生」のものではありません。塾の「先生」はあくまでもサポーター。決してフィールドプレーヤーではないのです。

ですから、私たちは教え惜しみます。先回りはせず、ヘルプもせず、サポートに徹します。

そして、「競争よりも共創」、
少しでも上位の学歴を得て、将来の選択肢を確保するために受験を競争とみなし、勝つことを目的とする教育はすでに沈みかけております。
これからの社会は〇〇になるから、そこで活躍する人材にしたとして、主体的な人生と言えるでしょうか。パーフェクトな人材にする必要はございません。できることを大いに引き出しオンリーワンを実感できること、できないことは周囲と協力して共に創るコミュニケーション能力を培うこと、これこそが共創であり、教育です。

身のまわりのことに自ら関心を持ち、自ら知識を活用し、自分流の発想や調査を行える人になって欲しい保護者の方、他者を理解し、かつ自らを表現し、説得できる力をつけさせたい保護者の方、その関門の1つである「受験」という波に、ただのまれてしまうのか、それともたくましく乗りこなすのか。
何があっても溺れないよう安易に浮き輪をたくさん用意してしまうのか、それとも、泳ぎ方を教えるのか。
人生の波は幾度もやってきます。
受験を通して、お子様が「泳ぎ方」を自ら体得し、自律への一歩を踏み出し生涯学び続ける力を身に着けられるよう願うのみです。